未分類

美容室でヘアカラーするメリットとデメリットは?

美容室のヘアカラー

「髪を染める」となった時に、美容室でヘアカラーするのか、市販で自宅でヘアカラーするのかどちらかだと思います。

どちらも薬剤的な仕組みは一緒です。

今回は、美容室でヘアカラーする場合についてまとめました。

美容室でヘアカラー

美容室のヘアカラー

美容室でヘアカラーする場合、「美容師さんがヘアカラーをしてくれる」ということです。要望を聞いてそれに沿ってカラーをしてくれます。

美容室でのヘアカラーをする場合のメリット・デメリットごとに見てみましょう。

デメリット

美容室でのヘアカラーのデメリットは、大きく分けて3つあります。

・会話に気を遣う(コミニケーション)
・時間を作って染めに行かないといけない
・価格が市販と比べると高い

などのデメリットがあります。

人とのコミュニケーションが苦手、ましてや初対面の人との会話は苦手な人もいます。

市販と比べると、美容室でのカラーは価格が高いことです。なぜなら技術料や人件費がかかるからです。

次に、メリットを見ていきましょう。

メリット

美容室でのヘアカラーのメリットは、大きく分けて5つあります。

・髪へのダメージを抑えられる
・自分で染めなくていい
・いろんな色を使える
・ムラなく染められる
・相談できる(提案してもらえる)

これらがメリットになります。

美容室でヘアカラーする最大のメリットは、髪のダメージ加減によって優しい薬剤を選べたり、アルカリカラーよりも髪へのダメージが少ない酸性カラーのヘアマニキュアを提案してくれたりします。

伸びてきた部分の根本だけ染める『リタッチ』などの技術を行ってくれたりするなどして、ダメージを最低限に抑えてくれます。

リタッチカラーや薬剤の選定など様々な色を楽しんだり、デザイン的なカラーリングなどは、美容師さんでないとできない技術です。

まとめ

美容室でヘアカラーする場合は、髪へのダメージや技術などホームカラーではできない美容師さんの技術を求めている人は、美容室でのヘアカラーが合っているでしょう。